そばかすの原因と増える仕組み

そばかすは、幼少期に発生して思春期になると目立ってしまう5mm以下の色素斑のことを言います。主な原因は遺伝子的な要素が問題だとされており、きちんとケアをすれば年齢とともに薄くなることも多い症状です。そばかすの原因はもう一つあり、大人になってから現れるそばかすは紫外線によるものです。紫外線のダメージによってできやすくなり、対策をしなくては増えていきます。そばかすの原因はそれぞれ違うため、ケアを間違えてしまうと増えてしまうことにつながります。特に子どものそばかすを気にして、大人用の高濃度のスキンケアでケアするというケースはよくありますが、子どもの肌には大人用のスキンケアでは肌に負担がかかってしまい、ストレスによってメラニン色素が発生してそばかすが増えてしまうとこともあるため注意が必要です。また、大人も子どもも間違ったスキンケアをすると肌に負担がかかりそばかすは増えます。

そばかすを増やさない方法とは

原因は異なりますが、思春期と大人のそばかすを増やさない方法は基本的には同じです。まず、どちらとも重要なのが紫外線対策です。紫外線が増える原因になるため、紫外線のダメージを減らせるように日焼け止めや帽子などを使って紫外線ダメージを減らします。また、メラニン色素を減らすためにはバランスの良い食事や規則正しい生活で肌のターンオーバーを整えていきます。特に、肌に効果的な栄養素としてビタミンCがオススメですので、ビタミンCの配合されたサプリなどを摂取するのも効果的です。それ以外にもスキンケアが重要です。メラニン抑制や排出をする成分の配合されたケア用品を使うことで、そばかすを薄くして目立たなくすることが可能となります。

そばかすには2種類あります。大人になってからできるものは美白ケアなどが有効ですが、子供の場合は遺伝性のものです。しかし大人になると自然に消えるので、積極的なケアは必要ありません。