ヨーロッパでは広く認知されている治療法

血液クレンジングという治療法を聞いて、自分の血をきれいにできるの?と驚いた方も多いでしょう。ヨーロッパでは広く認知された治療法なのですが、日本でも最近話題となっています。血液クレンジングを行うことで自然治癒力を強化させることができ、健康面、美容面の両方に効果を発揮してくれるのです。

具体的にはどうするの?

血液クレンジングの具体的な内容は、まず100ccほどの血液を採血します。その少量の血液を、医療用のオゾンで浄化して新鮮な血液に変えます。血液とオゾンが反応すると黒っぽくなっている血液が鮮やかな赤色に変色するのがわかります。オゾンで活性化された血液を再び体内へ戻すことで、新鮮な血液が全身をめぐらすことができるのです。血液には酸素や栄養を全身に運ぶ役割があります。血液が健康でないと、酸素や栄養が行き届きにくくなり、いろいろな病気や老化の原因になります。血液クレンジングを行うことで、リンパ液も浄化され、全身の若返りを促進することができます。終了すると全身に新鮮な血液がめぐることで、体が温まる感覚や視界がクリアになるといった効果を実感する人も多いです。

定期的に治療を続けるのがおすすめ

血液クレンジングは1回の治療でも大きな効果が得られます。ただ老化予防や疲労回復などを目的としているなら、定期的に治療を続けるのがおすすめです。月に1~2回の治療で、効果を持続させることができます。免疫力をアップしたい、冷え性を改善したいといった人にも適した治療です。

血液クレンジングとは、採血した血液にオゾンを注入し、それを体内に戻す治療法です。手足の血液の循環の改善、老化防止、筋肉の疲れの改善などの効果があります。