医療機関での適切な診察

ほくろは一般的には良性の腫瘍です。しかしながらできる部位によっては悩みの種になるケースもあります。その悩みを解決する方法がほくろの除去です。医療機関で受けることができ、方法としては外科手術によって除去するものと、レーザーを使用するものがあります。基本的に良性の腫瘍ですが、日に日に大きくなっていくものや数がどんどん増えていく場合にはほくろではない可能性もあるので注意してください。その場合は、ほくろが気になりだしてからどのくらいの日にちが経過しているか、その間にどんな変化が起きているかを医師に伝えると診察しやすくなるでしょう。また、診察のときにはほくろの組織検査を行うこともあります。もしもほくろではなく、悪性の腫瘍である場合は治療方針が全く変わるからです。

それぞれの治療法のことを知る

ほくろ除去の方法はほくろができた部位や大きさによって変わることがあります。外科手術で取り除く場合は治療後に線のような跡が残ります。もちろん治療後に適切なケアを行うことによって目立たなくすることが可能です。手術で取り除くのでほくろの根元から取り除くことができ、再発のリスクが低いことが特徴です。レーザーを使用した除去においてはレーザーの照射が不十分であると再発する可能性もあります。その一方で短時間で治療を終えることができます。レーザー治療は治療した後は患部に赤みがありますが、軟膏などを使って保護することで、時間の経過とともに傷口は目立たなくなっていきます。

大きいほくろや目立つほくろがあるとコンプレックスになりがちです。気になるようなら思い切ってほくろ除去を検討してみてはどうでしょうか?その際美容外科か皮膚科か、どちらで除去することができます。