どんな基準で選べばいいの!?矯正歯科の選び方

矯正の知識と経験を持つ歯科医師であること

綺麗な歯並びを手に入れるための歯列矯正が一般的になってきた現在、矯正は多くの歯科で行われています。たくさんある歯科の中から治療をお願いする歯科をどのように選べばいいか、困ってしまうという人もいることでしょう。歯科を選ぶ時の一つのポイントとして、矯正に関する知識や経験を豊富に持っているかどうかは気になりますよね。そんな時は、日本矯正歯科学会の認定医や専門医である歯科医師を探してみるといいでしょう。歯科医師の仕事は、虫歯治療を行う一般歯科から、予防歯科、審美歯科まで、幅広いです。認定医や専門医の歯科医師であれば、矯正歯科に軸を置いて診療しているということなので、安心して矯正を任せることができます。

相談しやすい雰囲気の歯科医師であること

矯正には、基本的に医療保険を使うことができません。そのため、治療費用は数十万円から百万円台と高額です。また治療には、短くても2年以上の期間が必要です。このようにお金も時間も掛けて行うものだからこそ、小さな疑問や不安も解消してくれる歯科医師にお任せしたいですよね。多くの歯科では、矯正の事前相談を実施しています。複数の歯科の事前相談に行き、丁寧な説明をしてくれるか、こちらから質問しやすい雰囲気か、などの点から相談しやすい雰囲気の歯科医師を見つけられるといいですね。

通いやすい場所の歯科であること

先ほどもお伝えしたように、矯正は比較的長期間にわたる治療です。治療段階にもよりますが、多い時では2週間に1回、少ない時でも数ヶ月に1回程度の通院が必要になります。また、矯正器具がずれたり痛みが出てきたりといったトラブルが生じる場合もあります。そのため、自宅や勤務先から近く通いやすい歯科を選ぶことが大切です。

出っ歯の矯正とは上顎が突出している状態を特別な装置を使って改善することで、歯科医院で治療を受けることができます。

どうやって対策する?そばかすの原因と増やさない方法

そばかすの原因と増える仕組み

そばかすは、幼少期に発生して思春期になると目立ってしまう5mm以下の色素斑のことを言います。主な原因は遺伝子的な要素が問題だとされており、きちんとケアをすれば年齢とともに薄くなることも多い症状です。そばかすの原因はもう一つあり、大人になってから現れるそばかすは紫外線によるものです。紫外線のダメージによってできやすくなり、対策をしなくては増えていきます。そばかすの原因はそれぞれ違うため、ケアを間違えてしまうと増えてしまうことにつながります。特に子どものそばかすを気にして、大人用の高濃度のスキンケアでケアするというケースはよくありますが、子どもの肌には大人用のスキンケアでは肌に負担がかかってしまい、ストレスによってメラニン色素が発生してそばかすが増えてしまうとこともあるため注意が必要です。また、大人も子どもも間違ったスキンケアをすると肌に負担がかかりそばかすは増えます。

そばかすを増やさない方法とは

原因は異なりますが、思春期と大人のそばかすを増やさない方法は基本的には同じです。まず、どちらとも重要なのが紫外線対策です。紫外線が増える原因になるため、紫外線のダメージを減らせるように日焼け止めや帽子などを使って紫外線ダメージを減らします。また、メラニン色素を減らすためにはバランスの良い食事や規則正しい生活で肌のターンオーバーを整えていきます。特に、肌に効果的な栄養素としてビタミンCがオススメですので、ビタミンCの配合されたサプリなどを摂取するのも効果的です。それ以外にもスキンケアが重要です。メラニン抑制や排出をする成分の配合されたケア用品を使うことで、そばかすを薄くして目立たなくすることが可能となります。

そばかすには2種類あります。大人になってからできるものは美白ケアなどが有効ですが、子供の場合は遺伝性のものです。しかし大人になると自然に消えるので、積極的なケアは必要ありません。

つるつる肌になりたい!痛くない脱毛はある?

無駄毛のお手入れはどこでする?

温かくなってくると、ノースリーブの服を着て腕や肩を出したり軽やかなスカートを履いて足を出すことも増えてきます。そうなってくると気になるのが無駄毛です。徐々にエステサロンやクリニックでの脱毛のキャンペーンも増えてきますから、自分も憧れのモデルや女優のようにつるつる肌になりたいと思って行ってみたくなることでしょう。雰囲気の良さそうなお洒落なサロンが多いので、どこに行けばいいのか迷う時には体験メニューや費用の安いメニューから始めてみて下さい。施術をする前にはエステサロン・クリニック共に事前の無料カウンセリングがありますので、気になる事や分からない事があれば聞けるようになっています。実際に体験してみれば、続けて通いたいと思うサロンにも出会えます。

部位によって痛みは違うの?

イメージ的に「脱毛はとにかく痛い」というイメージが付きまといがちですがそうでもありません。痛みを感じやすい部位は光に反応しやすい毛の濃い部分です。脇やアンダーヘアなどが特に痛みを感じやすいですが個人差がありますので、試し撃ちをしてもらうのもよいでしょう。エステサロンであれば比較的痛みは抑えられていますし、サロンによっては「痛くない脱毛」というように銘打っているサロンもあるほどです。クリニックのレーザー脱毛はエステよりは確かに痛いのですが、その分毛根にしっかりとダメージを与えてお手入れに必要な期間も一般的に短くなります。痛みに耐えられないと感じたら出力を下げたり麻酔をしての施術を相談できる場合もあるので、カウンセリングの時に話しておきましょう。

施術を終えた後のスキンケアを雑に済ませない新宿の脱毛なら、乾燥肌に悩まされている人でも安心してムダ毛を処理できます。

渋谷で信頼できて安心することができるのが医療脱毛

渋谷は脱毛の激戦地だからこそ知っておきたいポイント

脱毛といえば、サロンとクリニックにわけることができます。渋谷になると、たくさんのサロンがあり、通いやすい値段になることから若い世代を中心に利用されていることが多いです。しかしそこで渋谷の医療脱毛にも関心を向けることをおすすめします。そうすることによって、サロンでは得ることができないメリットを感じることができるはずです。安いと思っても中長期にみればそれほど違いがなく、短期間で終了するのが医療脱毛のメリットになります。

医療脱毛の最大のメリットは短期間で終了する

脱毛するには、数ヶ月に1回施術を受けるために通うことが多くなりますが、サロンになると数年がかりの脱毛になることを覚悟しておきましょう。その理由は、医療脱毛で使うような出力が高い脱毛器を使うことができないのが大きな理由です。医療従事者しか使うことができない機器であり、サロンはもちろん使うことができません。そのことから数年かかってしまいます。医療脱毛になると通う期間は5~6回ほどになりますので、1年ほどで終わることがほとんどです。

もしものときがあってもしっかり対応してもらえる

医療脱毛では、使う脱毛器の出力が強いことから、短期間で終わるメリットがありますが、そこにはデメリットも隠されています。痛かったり、肌が炎症を起こすようなことも。しかしそんなときも医療脱毛は安心です。受ける場所は美容クリニックになりますので、医学的な観点から治療を行うことができます。サロンでも提携している医療機関で治療を受ける体制が整っていますが、医療クリニックはその場で対処することができますので、迅速な治療が可能です。もしものことがあっても安心した治療を受けることができます。

就活や婚活で脱毛をお考えの人は、やっぱり渋谷医療脱毛が安心です。医師がお肌の調子を確認しながら医療脱毛器で安全に施術してもらえます。

自分の血をきれいにできるの?血液クレンジングで得られる効果とは?

ヨーロッパでは広く認知されている治療法

血液クレンジングという治療法を聞いて、自分の血をきれいにできるの?と驚いた方も多いでしょう。ヨーロッパでは広く認知された治療法なのですが、日本でも最近話題となっています。血液クレンジングを行うことで自然治癒力を強化させることができ、健康面、美容面の両方に効果を発揮してくれるのです。

具体的にはどうするの?

血液クレンジングの具体的な内容は、まず100ccほどの血液を採血します。その少量の血液を、医療用のオゾンで浄化して新鮮な血液に変えます。血液とオゾンが反応すると黒っぽくなっている血液が鮮やかな赤色に変色するのがわかります。オゾンで活性化された血液を再び体内へ戻すことで、新鮮な血液が全身をめぐらすことができるのです。血液には酸素や栄養を全身に運ぶ役割があります。血液が健康でないと、酸素や栄養が行き届きにくくなり、いろいろな病気や老化の原因になります。血液クレンジングを行うことで、リンパ液も浄化され、全身の若返りを促進することができます。終了すると全身に新鮮な血液がめぐることで、体が温まる感覚や視界がクリアになるといった効果を実感する人も多いです。

定期的に治療を続けるのがおすすめ

血液クレンジングは1回の治療でも大きな効果が得られます。ただ老化予防や疲労回復などを目的としているなら、定期的に治療を続けるのがおすすめです。月に1~2回の治療で、効果を持続させることができます。免疫力をアップしたい、冷え性を改善したいといった人にも適した治療です。

血液クレンジングとは、採血した血液にオゾンを注入し、それを体内に戻す治療法です。手足の血液の循環の改善、老化防止、筋肉の疲れの改善などの効果があります。

悩むのはもう終わり!正しい治療でほくろを治そう

医療機関での適切な診察

ほくろは一般的には良性の腫瘍です。しかしながらできる部位によっては悩みの種になるケースもあります。その悩みを解決する方法がほくろの除去です。医療機関で受けることができ、方法としては外科手術によって除去するものと、レーザーを使用するものがあります。基本的に良性の腫瘍ですが、日に日に大きくなっていくものや数がどんどん増えていく場合にはほくろではない可能性もあるので注意してください。その場合は、ほくろが気になりだしてからどのくらいの日にちが経過しているか、その間にどんな変化が起きているかを医師に伝えると診察しやすくなるでしょう。また、診察のときにはほくろの組織検査を行うこともあります。もしもほくろではなく、悪性の腫瘍である場合は治療方針が全く変わるからです。

それぞれの治療法のことを知る

ほくろ除去の方法はほくろができた部位や大きさによって変わることがあります。外科手術で取り除く場合は治療後に線のような跡が残ります。もちろん治療後に適切なケアを行うことによって目立たなくすることが可能です。手術で取り除くのでほくろの根元から取り除くことができ、再発のリスクが低いことが特徴です。レーザーを使用した除去においてはレーザーの照射が不十分であると再発する可能性もあります。その一方で短時間で治療を終えることができます。レーザー治療は治療した後は患部に赤みがありますが、軟膏などを使って保護することで、時間の経過とともに傷口は目立たなくなっていきます。

大きいほくろや目立つほくろがあるとコンプレックスになりがちです。気になるようなら思い切ってほくろ除去を検討してみてはどうでしょうか?その際美容外科か皮膚科か、どちらで除去することができます。